スウィートグラスキャンプ


私たちのキャンプは、天気予報は曇りや雨のマークがついていましたが
結局活動している時間にはほとんど雨に遭わず、少し寒いくらいだったけれど
とても過ごしやすい、気持のよい4日間でした。

でも、やっぱり青い空や遠く見える山々が恋しいなと思っていたところ、
完全に雨予報だった最終日、目覚めてテントから出てみると、
明るい朝の日の光が射していたのです。
浅間山もきれいに見えていて、その景色を一番楽しみにしていた母も大喜び。

そして、片づけ前のテントもすぐに乾く、キャンプ最終日には最高のお天気でした。


マイナスイオンのおかげもあるのかな?
自然の中で過ごすと、日々のバタバタしたことも忘れ、やっぱり心が安らぎます。


スウィートグラスキャンプ⑥


外で飲むコーヒーは何でこんなにおいしいのでしょうか。

これはキャンプ場のショップで売っていたコーヒー。
袋の口にお湯を注ぐと中でドリップできる仕組みになっていて、
蓋を閉じて蒸らしたら、そのままカップに注げるようになっていました。

シャボン玉をしたり、バレーボールをしたり、おいしいお蕎麦屋さんに足をのばしたり
今回も思い出に残るキャンプになりました。


気付けば子どもたちがまだ幼稚園の頃に行き始めて、かれこれ10年目。
年に1回、行っても2回なので、万年初心者のようなものですが・・・

キャンプに行くといつも感じるのは、自然の中で過ごすのは気持ちがいいなということ。
暗くなるとやることもなくなるので早く寝て、明るくなれば目が覚める、
そんな暮らしもいいなと。

でも、旅行に行ったときも同じだけれど、毎回感じるもう一つのことは
家に帰り着いたとき、「やっぱり家はいいな~」ということ。
家の快適さや心地よさを本当にありがたく思うのです。

帰る家は、やっぱりいつも心地よくしておきたいなと思うのでした。




今日も遊びに来てくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援clickをいただけると嬉しいです
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ



コメント 0

新着記事一覧