手づくりの板皿


作りました!春の和菓子を
・・・っていうのも素敵だけれど、
今回作ったのはこの木の板皿です。

昨日投稿した木を削っている写真
大体何を作るのか想像出来ちゃったかもしれませんね


板皿作り


木がすごく硬くて削りにくくて大変だったけれど
やり始めると脇目も振らないタイプ。
意外と早く、全部彫り終わりました。

これを見た杏ちゃんのひとこと。「きもちわるい。」
何でも杏ちゃんは「集合体恐怖症」とかで、
たくさん並んだ虫の卵とか(想像しちゃったらゴメンナサイ)を見ると
鳥肌がっ立って気分が悪くなるのだそう。

うーん、でもこの凹凸もそんな???

まぁ、削り終わってしまったものは
さすがにやり直しはなし、ということで、今回はこのままで


板皿作り②


今回は上が平らな板皿にしたかったけれど、
カッティングボードのように見えそうだったので、
縁の下側は削ってあります。この方が持ちやすい


板皿作り③


とにかく硬いし、繊維が手ごわくて、
綺麗に削るのも大変で、
やすりで綺麗にしたくても、彫ったくぼみはなかなか難しかった

表面はぼそぼそしたまま終了したのは
味ということでね

だいぶ前に作った時と同じように、
胡桃の実を布で包んでつぶし、
にじみ出てきた胡桃オイルを塗りこんで完成。


板皿作り④


和菓子や手毬寿司みたいなものをのせる角皿がほしかったのです。

買ってしまうのは簡単だけれど、
まずは手作りしてみるのも楽しみの一つ。

手づくりのモノは惜しげなく使えるし、
(作家さんのものだと、遠慮がちに使うこと多し
多少のゆがみも味となって、愛着が持てるのです。

次は、昔作った木のトレイの形が今は好きではないので
手を加えてみようかと考え中




今日も遊びに来てくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援clickをいただけると嬉しいです
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


コメント 0

新着記事一覧