わが家では以前から、掃除に重曹やクエン酸、酸素系漂白剤などを使っています。

出来るだけ環境に負荷をかけたくないということももちろんあるけれど、
色とりどりなパッケージに入った洗剤類を
ごちゃごちゃとたくさん管理するのが嫌だった、という理由も大きく、
それらのツンとした臭いや、作られた香りも苦手だったから。


セスキ水と酸素系漂白剤


台所に置いているセスキ炭酸ソーダ(重曹と同じような働きをします)を
水に溶かしたセスキ水は油汚れを分解するので、
使用後のレンジ周りにスプレーして拭き取るなどして使います。

酸素系漂白剤は水に溶かして、水筒などの茶渋落としや、ふきんの漂白などに。

重曹やセスキ、酸素系漂白剤はアルカリ性で、油やタンパク質などの
酸性の汚れを落とすのに向いているといわれます。

反対に、クエン酸は酸性で、お風呂や食洗器のカルキ汚れなどの
アルカリ性の汚れを落とすといわれます。
白く固まった汚れや、お風呂のこすっても落ちない汚れは
水に溶かしたクエン酸で落ちることが多いです。


これらをうまく利用すれば、色々な汚れの掃除に使えるはず
でも、試してきたなかには失敗もありました

クエン酸を使って特殊加工の鏡が曇ってしまったり、
この年末には、セスキを使って換気扇のシロッコファンを一部変色させたりも

家の設備や家具、道具などの取扱説明書を見てみると
汚れた場合は薄めた中性洗剤を浸した布をよく絞って拭き・・・などと
書かれていて、さらには、酸やアルカリで変質することもあると書かれていることも。

つまり、酸とアルカリを使うには、ちゃんと説明書を読み、
目立たtないところで試してみるなどの注意が必要だ、ということを
実際に失敗して、身をもってよくわかったのでした。

それで、今いいなと思っている掃除について書こうと思っていたけれど
長くなったので続きはまた明日

あ、それから今度、セスキや酸素系漂白剤などの
わが家での使い方についてもまとめられたらいいなー
↑まとめて一番スッキリしたいのは私(笑)



今日も遊びに来てくださりありがとうございます。
「いいね」のかわりに、どちらかをclickしていただけると嬉しいです
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



コメント 0

新着記事一覧