なんて、カッコよくタイトルをつけてみたけれど。

昨日触れた、渋皮煮にしようと思っていた栗、
水に浸したまま時間ばかりが過ぎ・・・


茹で栗


結局普通に茹で栗に

今回は、サーモスのシャトルシェフという保温調理鍋に頼ってみました。

鍋に栗とかぶるくらいの水と塩を少し入れ、火にかけてゆっくり沸騰させる。
弱火で5分ほど茹でてから、シャトルシェフで保温。
20分ほどおいたら、鍋を取り出し、そのまま冷ます。
(追記:大きな栗はこの時間だとちょっと硬かったので、
栗の様子をみながらもう少し長く保温したほうがいいかも)

簡単です

ゆで汁に入れたまま冷ますとしっとり。
塩味がしみて、皮はやわらかくむきやすくなります。

全部、皮をむきました。
(こんなことするなら、渋皮煮も作れたんじゃ?

小さいころ、茹でてテーブルに出された栗の皮を
手でどれだけキレイにむけるか一人挑戦するのが好きでした(笑)

器用だと思われている母は栗をむくのが苦手で面倒がり、
不器用だと思われている父は、結構キレイにむいていたっけ。
実際のところ、どうなんだろ?

半分に切ってスプーンでいただくのも好き。


何だかんだ、栗はシンプルに
茹でてそのままいただくのが、私は一番好きです
(ゴメンネ、杏ちゃん。)




今日も遊びに来てくださりありがとうございます。
「いいね」のかわりに、どちらかをclickしていただけると嬉しいです
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



コメント 0

新着記事一覧