先日、WMFの圧力鍋がやってきてからというもの

玄米ごはんか白ごはん、どちらかが炊き立てで、
もう一方はおひつの中か、冷凍してある・・・というように、
家族がそれぞれ食べたいものを選べるようになっていることが多いわが家。

「どっちがいい?」と聞いてみると
おもしろいほどに好みが分かれます。

さらには、同じ白米であっても
夫と長女は土鍋で炊いたほうが好きで
次女は圧力鍋で炊いたモチモチのごはんが好きと、
ここでも分かれる。


たまにある外食をしようかという機会だって
長女と次女では、わざとじゃないの?と思うくらいに
意見が割れるのはいつものこと。


胚芽ごはん


ここは、玄米と白米の間を取って胚芽米。
なんて、うまく話がまとまるわけでもない。
(胚芽米の過去の写真を探してくるというような作業は無意味


そんな家族の、全員の胃袋を満足させるごはんを用意するのは
不可能なことなんじゃないか?と思うけれど、
主婦はいちいちそんなことを気にしていたらやっていられません。


とりあえず、白米と玄米は、両方用意することにしました。

毎年生協のパルシステムで予約購入しているお米。
この秋の新米からは、白米の5キロを月に2回、
もうすでに登録していたけれど

「最近玄米を食べるようになったんです」とお願いして
一つを玄米に変えてもらうことができました。


米櫃


今はザーッとお米を移し替えているこの米びつ
秋からは、袋ごと2種類入れてしまおうかな。


今回、一番驚いたのは
夫が「最近玄米の方が好きになった。」と言ったこと。

そういうえば、結婚当初。
「好きな食べ物は?」と聞こうものなら
「唐揚げ」「フライドポテト」「アメリカンドッグ」
なんていう答えが返ってきていた夫
しぶいごはんにがっかりしていたことも多々ありました。

それが今では、渋すぎるお弁当を喜び、
渋い煮ものを食べたがり、さらには玄米も好きになるのだから
人の好みは変わるもの。


だから、私は信じているのです。
家族の反応がよくなくたって、誰がなんと言おうと
家族の健康を考えて、色々な食材を取り入れたごはんを鬼のようにやさしく
作り続けるのが一番だと


(*メッセージからお問い合わせいただいた作業台についてはこちら★

今日もお立ち寄りいただきありがとうございます。
応援のクリックいただけると嬉しいです
  ↓↓    
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ




コメント 0

新着記事一覧