アクセサリー


私が中学生とか高校生だったころ、
母のアクセサリーの引き出しを見せてもらうのが好きでした。

「いつかお母さんのこのイヤリングをあげるね。」とか
「今度出かけるときにこれ貸して。」とか話しながら
小さなアクセサリーを見るのがとても楽しかった

学生の頃は、それなりにいろんなアクセサリーを楽しんでいたし、
社会人の頃には繊細なアクセサリーが好きで、
上の写真のような、細いプラチナや小さな石のネックレスやブレスレットを
自分のために買ったりも。

けれど、子育てをするようになったら、気が付けば自分のことに無頓着に。
赤ちゃんを抱いていると、ネックレスは引っ張ってしまって危ないし、、
なんて言ってつけなくなり、
子どもが生まれてから増えたものといえば、
義理の母から手作りのビーズのアクセサリーをいただいたり
何かの時に母からプレゼントしてもらったりしたものくらい。

出かけるときにつけて行くのは、同じようなものばかりです。

服と同じでアクセサリーも、年齢に合うもの合わないものがあるようで
今の私は、もう少し大ぶりのアクセサリーのほうが映えるらしい
・・・というのは、先日ファッションのレクチャーをお願いした
パーソナルスタイリストの友人のアドバイス。  (→★クローゼットの見直し

久しぶりに、アクセサリーがほしいなぁと思っています。


アクセサリーの引き出し


アクセサリー類は、ひとつの引き出しにまとめて収納しています。

せっかくきれいなものをしまうのだから、
昔母の引き出しを見てワクワクしたのと同じように、
開けばワクワクできるような引き出しにしたくて、
あるものが一目でわかり、手に取りやすいように収納しています

いただきものの小物入れや、アクセサリーの入っていた箱で
今のところは間に合っているけれど、
これはというものに出会ったら、専用のケースなどに揃えて並べたいな。

いつまでも、こういうワクワクは大切にしたいなと思います


今中三の柚ちゃんが、もうファッション大好きに。
先日、私のこの引き出しを見ながら、
学生の頃に買ったイヤリングをあげました。
(まだちょっと早いので、高校生になってから使ってね。)

母と娘っていうのは、こういうことを一緒に楽しめるのがいいですね




今日もお立ち寄りいただきありがとうございます。
応援のclick、とても励みになっています
  ↓↓    
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ



コメント 0

新着記事一覧