先日、大学時代からの親友がパーソナルスタイリストとして出版した本を読んで
自分なりにクローゼットを少し整理してみたことを書きましたが →その時の記事はこちら

その時には、迷う服は友人に見てもらってから決めようと
処分せずにとっておいて、先日、実際に友人に来てもらって、
カウンセリングとワードローブのチェックをお願いしました。


幸せ服探し②


プロ目線からも、やっぱり持っている服が相当少なかったようですが、
それでも、まだ処分してもよいものが出てきました

これは、自分でも処分しようかなと思っていたものや、
古くて今は着ていないものなど
やっぱりというものも多かったのですが、
もしかしたら着方次第では使えるのでは?とか、
好きだけれど古くて、今着た時にはたから見て違和感を感じるか?とか
自分ではよくわからない部分も、プロ目線のアドバイスを聞いて納得でした。

反対に、今着るには古くさくて恥ずかしいような気がしていた昔のスーツは(上の写真)
その着心地の悪さは、懐かしさを思わせる肩パットや袖丈などにありました。
生地がとてもいいので、処分するのではなく
より自分の体形に合うように、そして「今」に合うように
お直しをすれば十分着続けられることがわかりました。

その他、どうやって着るか迷って扱いに困っていた服の着方や、
持っている服のコーディネートなどのアドバイスもとても参考になり、
無駄に服を処分せずに済みました


幸せ服探し


けれど、私の持っている服は、私のイメージや私がなりたいイメージと
少しギャップがあるものが多いということが判明。

それに、ベーシックなものを好むあまり、
「私らしい」服ではなく、「誰が着ても同じようになる」服が多くなっていました。
もっと「私だから着ることができる服」というものを着てほしいと
アドバイスをもらいました。

似合う雰囲気や色、体形に合う服の形や素材、これからの方向性など、
色んな話をしていると、こんなところで老け込んでる場合じゃないなと(笑)
とてもワクワク、楽しい気持ちになってきました。

結果、クローゼットの服はさらに少し減ってすっきり。

その後、気持の上がる服を数点買い足しました。
今後、自分に何が必要なのかもわかったので、(ありすぎるけど)
これから少しずつ理想のクローゼットにしていくのが楽しみです(遠い道のりだけど)


モノの整理って、好き嫌いの直感や、使っているかいないかで
処分するかどうかを決めるのはよく取られる有効な方法。
でも洋服に関しては、それだけでは自己満足になる可能性もあるのかも?

好きで着ているけれど、傍から見るともっさりしているとか、
よく着ているけれど、体系に合わない部分がある、なんてことも。

服は、一度プロのアドバイスを聞くと本当に役に立つなと思いました。
お勧めです♪


Thanks
シモトリパーソナルスタイリングオフィス



今日もお立ち寄りいただきありがとうございます。
応援のclickをいただけるととても嬉しいです
  ↓↓    
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ




コメント 2

エミル  2016, 07. 26 (Tue) 16:29

プロのアドバイス、素敵です!
仕事をするようになって、少し、服を買い足したのですが、自分らしい服、悩みます。。。
そして、いつも同じものを着てしまっています。着やすい服って決まっているような感じです。
アドバイス頂いた、家のプリント類の処分が終わったら、洋服処分に取り掛かりたいです☺︎

編集 | 返信 |  

 utako  2016, 07. 26 (Tue) 23:48

エミルさん

こんばんは。
お仕事で毎日出かけるようになると、服がほしくなるよね。
私は服が少なくて、同じような服装で出かけてばかりなので、
毎日出るとなると本当に困ると思うなぁ。
いろんなものにこだわりを持っているつもりだけれど
服にもきちんと気を遣おうと、今さらながらに思いました(^-^;
プリントの整理、本当に面倒よね・・・洋服の整理のほうが楽しいかも♪

編集 | 返信 |  

新着記事一覧