割包②


先日、わが家の定番となっている中華蒸しパン「割包」を作りました。

煮豚風の焼き豚と煮卵を一緒に作って
焼き豚をはさんでいただくことが多いです。
パクチーもたくさん用意すれば、夏にも嬉しいメニュー。

巷では、「台湾風ハンバーガー」などと呼ばれ、
角煮的なものなどをはさんで、ファストフード的に食べるそう。

下の子杏ちゃんが、このパン部分が大好きで
台湾料理屋さんやエスニックのお店に行くと
毎回と言っていいほど注文しますが
家で作れば一度にたくさんできてしまいます♪


割包①


でも、作る側にとっては結構な作業。
パン生地をこねて、たくさん成形して、何度かにわけて蒸す・・・。
暑くて暑くて、夏には厳しいなー。

というより、作りすぎた私がいけないのは間違いなし。
一度に900gの粉をこねて、
1つでもお腹にたまるのに、18個も作ったのだから欲張りすぎでしょ
(3回転目ともなると、過発酵ぎみになってしまうしー。)


この割包、何度かお客さんの見える日にも作ったことがあったけれど
いつも、タイミングを見計らって蒸し上がるように、
逆算してこねていたのが難しくて。

でも、今回は早めに蒸して、食べる直前に
冷めたものは蒸し直ししてみたら、何の問題もなくフワフワに。

たくさん作りすぎたものを次の日、また次の日に
蒸し直ししてみても、ダイジョウブでした。
今度からはその方法にしようー

暑いけれど、頑張る甲斐のあるメニューです



今日もお立ち寄りいただきありがとうございます。
応援のclickをいただけるととても嬉しいです
  ↓↓    
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ



コメント 0

新着記事一覧