この頃、夕方から習い事などがあって
遅めの帰宅になることの多い子どもたち。
もちろん、私は送迎係。

だから、夜ごはんは簡単なもので、
帰ったらすぐにあたためて食べられるものが多いです。


豚汁


品数は多くなくても、具がたくさん入っている
あたたかいスープのようなものがあればとりあえずは安心。

寒い日には、例えば豚汁なんかがあったら
あたたまるし本当に嬉しい。

豚汁って、もともとはどんな具を入れる料理なのかな??

お友だちの一人は、じゃがいも、玉ねぎ、豚肉、ニンジンを炒めて
煮込んでから味噌を溶きいれる、
要はカレーと同じで、ルーを入れるか味噌を入れるかの違いだって
話していました。

わが家の豚汁は、
里芋、ごぼう、ニンジン、大根、こんにゃく、豚肉、お豆腐など。
やっぱり母が昔作っていたような具。

家庭料理だから、
好きな具で、その家らしい豚汁があるのがいい。


豚汁②


こうやって、具たくさんの汁物を作っておくと
次の日には味が浸み込んでもっとおいしくなるから
「昨日の残り物」 なんて言わずに
堂々と出せるのもよいところ


この日は、
最初から次の日も食べるつもりで
大きな土鍋でシチューを。


土鍋シチュー


じゃがいもが崩れてきてしまったし
あまりよく見えないけれど、やっぱり具たくさん。
品数が少ないことへの罪滅ぼし?

土鍋でシチューを作ってみたのは初めてだけれど
これがおいしくて、家族からも大好評。


あったかくて、おいしくて、体によくて。
でも作るのは楽ちん。
そんなごはんを作っていけたらいいな





あたたかい応援のclickありがとうございます。
  ↓↓    
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ


コメント 0

新着記事一覧