おひつがわが家にやってきてから、
ごはんがおいしくって、みんなご飯を食べる量が増えました

お気に入りの道具は大事にお手入れして
ずっと使い続けていきたいもの。

お手入れが難しそうと感じる白木ですが、
おひつは基本ごはんを入れるだけだから
油が付いたり色が付いたりしにくいから気楽

ただ、杉から出るタンニンとごはんのデンプンが反応して
長いこと使ううちに黒ずんでくるそうで、
黒ずみ予防には、使用後ごはんをしっかり落とすことと
とにかく毎回よく乾燥させることが大事なようです。

色々な情報があふれていて迷うけれど


白木の曲げわっぱのお手入れ


じゃん。
お手入れグッズは昭和なかほり(笑)


いちばん最初、使い始めは
ぬるま湯で洗ってから拭いて、しっかり乾かします。

使う前には、さっと内側を濡らして、拭いてから
炊き立てのごはんを入れます。
(そのまま一昼夜保存OK)

使った後は、熱いお湯を注いで5分ほど置いてから
束子とクレンザーを使って、新しい木肌を出すようなつもりで
木目に沿ってごしごし洗う、というのが
柴田慶信商店さんおススメの方法。
私も基本これを守ってお手入れします。

柴田慶信商店さんのおひつは、底の隅がまるくなっていて、
ごはんが詰まらないようになっています。


おひつ③


でも束子だけだと、細かい部分に届きにくい気がするから
編んだアクリル束子と普通の束子のダブル使い。
クレンザーは毎回でなくてもいいかな。


洗った後は、風通しのよいところできちんと乾かします。
すすぎに熱いお湯を使うと、乾きが少し早いそう。
乾くのにまる一日以上かかるので、
おひつをもう一つ用意して、ローテーションで使うのが理想だけれど
それは、かなり懐に余裕がある人でないと無理

だから、おひつのお休みの日を作りつつ
うまくまわしていこう。


たとえ黒ずみや傷ができても、
それは家族の暮らしの跡と思って
気にせず使っていけたらいいな。




あたたかい応援のclickありがとうございます。
  ↓↓    
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ



コメント 2

nori  2015, 06. 03 (Wed) 11:30

utakoさんこんにちは。

いつも拝見しております。
丁寧に暮らしてらっしゃるな、とブログから感じています。
写真も美しく、いつもうっとりしていますv-353
私も美しく撮りたいと思いつつ・・・でも、写真は難しいです・・・


私もご飯の保存方法に試行錯誤してましたが、未だ我が家のこれ!が見つかっていませんでした。
おひつを購入したいなと思いながらも高価なので躊躇、検討を繰り返し・・・2年(笑)。
でもutakoさんのご主人も満足なさっているという記事を拝見して
今回購入を決めました!
おひつ生活とても楽しみです☆


編集 | 返信 |  

utako  2015, 06. 04 (Thu) 09:52

noriさん

おはようございます!
嬉しいコメントありがとうございます。
いつも丁寧に暮らしたいなと思いつつ、できていないのですよ~。
ブログに書いていることは、ほんの一部なので(笑)
写真、奥が深いですよね・・・って、カメラの基本的な使い方も
よくわかっていなくて、感覚頼りに撮っているので
写真を褒めていただいて嬉しいです。

noriさんもおひつ買われるのですね!!
何かを買うときって本当に悩みますよね。
でもその悩んでいる期間がすごく楽しかったりして( *´艸`)

道具にこだわりのないような夫のような人が満足しているって、これ大事です(笑)
私のような道具オタクが「いい!」と言ったところで
バイアスがかかってるのでは??と思えてしまいますから。
どんなおひつでしょうか。私も楽しみにしていますね♪

編集 | 返信 |  

新着記事一覧