憧れて、
注文してからまる一年。

ようやくようやく、わが家にやってきたもの。


成田さんのフライパン


成田さんのフライパン。

群馬にアトリエを構える成田隆俊さんが
鉄を打ち、形作り、細部に至るまですべてを一人で制作された作品。

どこか無骨で
鉄なのに、手作りの温かみがあって


成田さんのフライパン②


そして、繊細で美しい。


想像していた通り、本当に素敵で
もう、嬉しくて嬉しくて。


成田さんのフライパン③


ずっと飾って眺めていたいけれど
でも、すぐに使ってみたくて。


成田さんのフライパン④


この感じ。

すでに使い込まれたような風合。


成田さんのフライパン⑤


シックな器のようでもあり、、

好きだなぁ


成田さんのフライパン⑥


使い方は、手書きのお手紙で。
一つひとつ、心を込めて作られているんだろうな


私の台所にやってきてくれてありがとう。
これから、大事に育ててゆこう。



この頃、やたらと鉄のフライパンについて書いていたのは
もうすぐこのフライパンが届くという楽しみから。

ばればれ




ぽちっとクリックしていただけると嬉しいです♪
応援ありがとうございます
  ↓↓    
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ




コメント 0

新着記事一覧