先日、クリスマスツリーを出したときに
リビングダイニングの配置換えをしたのは
子どもたちがダンスのステップなどを練習できるスペースを作るため。


部屋の配置換え


左奥にこちら向きにあったパソコンデスクの向きを変え
ダイニングテーブルを、キッチンカウンターの壁にくっつけた、
ただそれだけ

でもそれだけでも、この手前のフローリングのスペースはとても広くなり、
ダイニングテーブルの周りは、ぎゅっとコンパクトにまとまりました。


狭いかな?と思いきや、
家族はみなこれが気に入った模様


部屋の配置換え②


特に、パソコンデスクとテーブルの間の奥の席は
夫と子どもたちで取り合いになるほど

人が、狭くて籠っている感があるのが好きなのは
お腹の中を思い出して安心するからでしょうか??


さらに、振り向けばパソコンを開くことができ、
ティッシュの箱もあり、


部屋の配置換え③


さらに反対側のこの席も
ちょっと手を伸ばせば、引き出しから必要なカトラリーを出すことができるし
隣のオーディオの操作もできてしまう。

食事中、「ちょっとあれ取って。」っていう会話が増えたかも?

こんな、手を伸ばす距離になんでもある感が
実は昔から落ち着くらしい(夫談)。


・・・・・・・


学校では早くもインフルエンザが大流行。
杏ちゃんのクラスでは、胃腸炎も流行っているらしい。

隣の席や斜め前の席もお休みで
ずらりと一列いない席もあったり、
理科の実験の班は、二人しかいなかったとか。。


流行りものの病気が手の届く距離にせまるのは
ちっとも嬉しくないですね


あ怖い。
皆さま、お互いに気をつけましょうね。




ぽちっとしていただけると嬉しいです♪
応援ありがとうございます
  ↓↓    
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ




コメント 0

新着記事一覧