ArneJacobsen掛け時計②


お気に入りの掛け時計、ローマン・クロック。
繊細な雰囲気の文字盤と、ぷっくりふくらんだガラスカバーが美しい。

北欧デザインの巨匠Arne Jacobsenが
デンマークのオーフス市庁舎を設計した際に手掛けたウォールクロックを
当時の設計図をもとに忠実に再現された時計です

わが家のものは、少し大きめの29㎝。
勾配天井になっているリビングの高い位地に掛けるためだったので
少し大きめがいいかと。。

長いこと、ここで時を刻んでくれていました


blog_import_50a2f71c9b993.jpg
             昔のリビング

けれど、電池交換などのちょっとしたことのために
その都度大きな脚立を持ち出すという日曜大工を余儀なくされ、
そのうちに、時計が止まってもしばらく放置されるような事態にも

時計の調子が悪いのか?電池が悪かったのか?
数回止まったり遅れたりした時計にそんな心配もあって、
高い位置からは下ろして、少し前にキッチンにやってきました


低い位置にこの大きさは、最初はドーンと存在感たっぷりだったけれど、
今ではすっかり慣れました。
リビングのほうからも見やすいので、これはこれでいいのかな?


ArneJacobsen掛け時計


ところで、最近見かけるヤコブセンのローマンクロックは、
なんだか文字の色が濃くて黒っぽい?(わが家のものは、グレーです)
それに、よく見たらこのARNE JACOBSENの文字は、下に入っているよう。
雰囲気がちょっと違います。

調べてみると、わが家のタイプ、ドイツのJUNGHANS社による製造は終わってしまって
製造元が変わっていました。
もう同じものは作られていないのね、と思うと、ますます愛着が(単純

大事にしよう、ヤコブセンの時計。


ArneJacobsen掛け時計③


が二つ!?


実はだいぶ前のこと、壁紙の補修の業者さんがあの高い位置から落として
ガラスカバーが粉々に割れてしまったのです

時計は同じものを買ってもらうことができましたが、
なんと落とした時計、そのほかの部分は壊れず無事!

正確にいえば、最近キッチンに掛けていたのは、ガラスカバーが割れてしまったもの。
修理に出そうかと思っていたちゃんとした方は、結局新しい電池を入れれば大丈夫そうだったので
晴れてキッチンにやってきました

ガラスカバーがない方もそれなりにかわいいので
そちらは柚ちゃんリクエストで子ども部屋に飾ろうと思います



いつも応援clickありがとうございます!
  ↓↓    
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

コメント 2

epine  2014, 02. 22 (Sat) 08:55

utakoさん、お久しぶり!相変わらずステキな暮らしだ!バレンタイン、わたしが男装して(笑)もらいに行きたくなっちゃった。
ヤコブセンの時計、昨日雑誌で見て良いなと思っていたら
こんなに身近なところに!
やはり目利きさんなのだなと思いました
しかも二つあるって!
製造されてないならなおのこと
愛着が増すね♪

編集 | 返信 |  

utako  2014, 02. 22 (Sat) 11:37

epineさん

お久しぶり!どうしているかな、と思ってました。試験だったのね♪
instagramは何かを検索していて時々見ることがあって、
ステキな写真がいっぱいで楽しそうだなと思っていました。
epineさんが始めるならますます惹かれるなぁ。
でもPCだとできない?←全然わかってない(^-^;
あの中に、新しい器も出ているのかな?

ヤコブセンの時計、ちょうど昨日見ていたの!?
だとすると、新しいタイプよね、きっと。
最初割れてしまったときは本当にショックだったんだけど結局二つになって・・・
でも、また時計遅れてきちゃった。やっぱり修理に出さなくちゃ(笑)

編集 | 返信 |  

新着記事一覧