以前、「勉強はキライ」と公言した柚ちゃんですが、
あるキッカケから、勉強しなくちゃ、という気持ちになっています

でもやっぱり塾は行かないと言う柚ちゃん。
だから親が見るしかないけれど、親が見れば甘えも出るし、
勉強をあまりしてこなかったから基礎からやり直さなければいけないし、
6年生だし、それはそれは大変!根気がいります

今日は、算数の教え方についてちょっと。

「こういう時にはこうって、機械的に覚えて練習させればいい」
という考えの文系の夫と
「どうしてそうなるのか、まずは概念からわかったほうがいい」
という考えの文系の私(笑)

どうなんでしょう?
先々数学になり難しくなっていって、高校くらいになると
もう概念ではとらえにくい、現実とはかけ離れたものになって、
機械的に解くようになるのかもしれないけれど、、
まだ小学生のうちは、ねぇ?

でも既に、教えようとすれば私も頭が混乱しそうな概念も出てきて四苦八苦です

今回、「分数で割る」というわかりづらい概念について、考えて書いてみました。


分数の割り算


どうかなぁ?(誰か教えてー)
つくづく、無から教える小学校の先生って難しそう。。

まず、そうか!と納得してから、
機械的な解き方を覚えて慣れていってくれたらいいな、と思っています


さ、後でこれを使ってやってみることにします!

ほんとは、誰か代わりにやってほしいー



いつも応援clickありがとうございます
  ↓↓    
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ



コメント 9

ほの母  2013, 04. 25 (Thu) 13:19

お久しぶり~♪
お元気そうで何よりです。お勉強、頑張ってるね!
子どもに勉強を教える(特に算数!)って本当に難しいよね。子どもは甘えて態度が微妙になるし、親もその態度にカチンときたり...でも、この考え方と図!サスガ〜♪とっても分かりやすいと思う。ウチの算数苦手ガールにも、今後説明の際に採用させて頂きます!

編集 | 返信 |  

-  2013, 04. 25 (Thu) 17:33

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

yurari  2013, 04. 25 (Thu) 20:56

お久しぶりです(*^_^*)

子供に勉強を教えるって本当に労力がいることですよね♪
でも苦手は本当に今のうちに少しでも克服しておいた方がいいです。。
わが家の中3の兄ちゃんもずっと塾には行きたがらず、
進研ゼミなどでやってましたがやはり苦手はそのまま。
一時は私が教えていた時期もありましたが、時間的にも無理があり…(^^;
結局今になってさすがにこのままではと自ら塾通いすることになりました。
(充分遅いですが笑)

物を教える事の難しさ。。本当に痛感したここ数年です(ーー;)

でも算数はやはり問題数をこなすことで克服できると思います。
勉強は繰り返し繰り返しすることが一番効果があると。。

ちなみに私は機械的に何度も繰り返す事で苦手の数学を
得意科目にしましたぁ♪
その子それぞれだと思います。

ぽち凸

編集 | 返信 |  

のん  2013, 04. 25 (Thu) 22:32

はじめまして!

コミュニティ「みんなの台所」から、このページにやってきました。
うちも小6の女子がいるのですが、なかなか勉強を見てやれず。。。
utakoさんはこんな丁寧に教えてあげれて本当にすばらしいですね!
私も少し見習わなくては!
全国的に割合の問題でつまづく子が多いと聞き、
週末、ちゃんと理解してるかチェックしようと思っています♪


編集 | 返信 |  

haykichi  2013, 04. 26 (Fri) 04:36

おぉ、すごい、utakoさん!いつでも先生、できますよ!

私自身は算数にしろ、社会の歴史にしろ、すべて「考えること」を徹底します。
機械的に覚えることも時には必要ですが(よく、高校までの数学は暗記というのですが)、まず、子どもたちにとって大切なのは「自分で考える力を身につけること」だと思っているからです。
そうすれば、次にわからない概念が出てきたときに、同じように図を使ったり、自分が分かっている方法で解いたりすることができるようになっていくのです。
それが、何も考えずに、「÷分数=×逆数」というように、なぜそうなるかを考えずに丸暗記だけできてしまった場合、わからない問題にぶちあたったときに、どうやって考えればいいのかがわからないんです。
そして、一番こわいのは「わからないことがわからない」という現象に陥ってしまうこと。そうなると、ぴたりと動きが止まってしまい、本当に思考停止になってしまうんです・・・。
そんな子どもを何十人と見てきて感じたのが、「考える力を身につけられる子」にしたい、ということ。
算数だけでなく実社会の中でとても大切なことだと私は思っています。実際、それができるようになってくると、社会生活の中でも自分で考えて動ける子どもに育っていきます。

私自身は、算数であれば途中の計算方法をきちんと考えられていれば、答えが間違っていてもO.K.だと思っているのです(イギリスは、それで点数をもらえます)。ただ日本だと、「答えがまちがっていたらだめ」という部分が大きく、だから「やり方を機械的に覚える方が点数がとれる子」に育てようとなるようですね。おもしろいのが、イギリスにも日本で大人気のとある塾があるのですが、ここに通う子はアジア人の子どもばかり(インド・中国・日本etc)!イギリス人は一切、行かないんですよ。暗記には意味がないと思っているからでしょうね。ところ変われば・・・でおもしろいです。でも、これから世界に羽ばたいていく子どもたちには、やはり考える力を身につけてほしいな~なんて思っています。

この話をし出したら、日本の教育の問題にまで発展してしまうトピックなのでここで終わりにします(笑)。

utakoさん、とても素敵なお母さんよ~。応援しています!(もし必要な時は、いつでも声掛けてくださいね。お手伝いさせていただきます!)

編集 | 返信 |  

utako  2013, 04. 26 (Fri) 22:43

ほの母さん

わぁ~コメントありがとう!
私も、連絡してみようとこのところずっと思っていたのだけれど
すっかりご無沙汰しちゃってごめんね。

お勉強、子どもに教えるのは本当に難しいね~。
そうそう、まさにわが家もそんな感じで、
イラッとくるのを抑えながらやってます(^_^;)

これ、採用してもらえる?(笑)
その後ネットでも色々調べたのだけれど、
逆数をかけることが正しいことを式で証明したりするものはあっても、
わかりやすく説明するの難しいみたいねー。

編集 | 返信 |  

utako  2013, 04. 26 (Fri) 22:59

yurariさん

こんばんは!コメントいただきありがとうございます☆
すっかりご無沙汰ですみません。。。(^_^;)

yurariさん、繰り返しの練習で数学が得意科目に?
もしやyurariさんは理系?すごいー。

本当に、ものを教えるって難しいですね。
それも、わが子にとなると、何かと。。。
時間的にも厳しいですよね。そればっかりというわけにもいかないし。

塾に行くのか行かないのか、どんな方法で勉強するのか・・・
何でもその子に合った方法があるのでしょうね。

とりあえずは、勉強に向かう姿勢を身に付けたり
自分に合った勉強方法を模索する手助けができたらと思います♪

編集 | 返信 |  

utako  2013, 04. 26 (Fri) 23:04

のんさん

はじめまして!!
コミュニティ「みんなの台所」から来てくださったのですね!
コメントまで残してくださりとっても嬉しいです。

のんさんも小6のお子さんがいるのですね。
私も、ちゃんと見るようになったのはつい最近のことなんですよ。
割合、そうですよね。私も気になりつつ、
面倒なイメージのものは後回しです(笑)
でも、小学校のうちに、なんとか机に向かう習慣を身につけて
中学校で困らないようにしてあげたいですよね。

のんさん、これからもどうぞよろしくお願いしますね♪

編集 | 返信 |  

utako  2013, 04. 26 (Fri) 23:31

haykichiさん

そうだ、haykichiさんがいらっしゃったんだわ~❤さすがです!

私も、娘には考える力を身につけてほしいと思っています。
本当に、これから先、勉強に限らず、生きていく上で考える力は絶対必要ですものね。
けれど娘は、自分の興味のないことに関して、
わからないことや難しいことに出くわした時のあきらめが異常に早いんです(^_^;)
これはまずい、と、最近ようやく子どもの新聞を一緒に読むようになり、
記事について話し合ってみたり、スクラップしたりするようになりました。
ちょっと遅すぎた感はあるのですが。。

算数は、答えが合っていればOKで素通りしたら
本当の意味で習得できない気がします。
答えを導き出す過程が大事ですよね。
日本もイギリスと同じように、途中点をもらえたらいいのに。
そうすれば、皆もっと考える過程を大事にするでしょうし、
ましてや答えを書き写す、なんて意味のないことをする子はいなくなりますよね。
(実際結構多いと聞いたことがあります)

勉強も、何を重視するか、国によって違うのですね~。
そういうところから、お国柄も違ってくるのでしょうか。

haykichiさん、困った時はぜひ質問させてくださいね!!(^^)/

編集 | 返信 |  

新着記事一覧